特定技能について
特定技能は中小・小規模事業者をはじめとした人手不足に対して外国人により人材不足を解消するために、相当程度の知識及び技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格「特定技能1号」と,同分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格「特定技能2号」とし外国人材を受け入れる体制を作りました。
特定技能1号:特定産業分野に属する相当程度の知識又は経験を必要とする技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格

特定技能2号:特定産業分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国向けの在留資格

特定産業分野(14分野):介護、ビルクリーニング、素形材産業、産業機械製造業、電気、電子情報関連産業、
建設造船・舶用工業、自動車整備、航空、宿泊、農業、漁業、飲食料品製造業、外食業
(特定技能2号は下線部の2分野のみ受 れ可)

特定技能1号のポイント

・在留期間:1年、6ヶ月又は4ヶ月ごとの更新、通算で上限5年まで
・技術水準:試験等で確認(技能実習2号を修了した外国 は試験等免除)
・日本語能力水準:生活や業務に必要な日本語能力を試験等で確認(技能実習2号を修了した外国人は試験等免除)
・家族の帯同:基本的に認めない
・受け入れ機関又は登録支援機関による支援の対象

特定技能2号のポイント

・3年、1年又は6ヶ月ごとの更新
・技術水準:試験等で確認
・日本語能力水準:試験等での確認は不要
・家族の帯同:要件を満たせば可能(配偶者、子)
・受け入れ機関又は登録支援機関による支援の対象外

技術者と特定技能実習生の違い

特定技能は中小・小規模事業者をはじめとした人手不足に対して外国人により人材不足を解消するために、相当程度の知識又は経験を要する技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格「特定技能1号」と,同分野に属する熟練した技能を要する業務に従事する外国人向けの在留資格「特定技能2号」とし外国人材を受け入れる体制を作りました。
エンジニア
技能実習生
在留資格
「技術・人文知識•国際業務」等
「技能実習1号」、「技能実習2号」、「技能実習3豪」
在留期間
1年、3年、5年
1年目は6ヶ月 1年
2年目以降は1年ずつ更新
就労可能な期間
無期
最長5年
(3年満了時に一且の帰国が必要)
受入れ人数(※)
特に規定はない(ただし、ピザ取得のため、人数を配慮する必要な場合がある)
枠が決められており、受入れ企業の常勤臓人総数によって異なる
職種(※)
専門性のある職種のみ
具体的な職種は決まっていない
単純労働も可
可能な殿種と作業が決められている
学歴(ピザ取得条件)
日本での専門学校卒(専門士所有者)以上または、母国での短期大学卒以上(職業短期大学は不可)
職種により、学校の履修科目と業務内容との関連性が求められる。
学歴の条件はない(中学卒業以上が殆ど)
給料
社会保険等
同一労働条件の日本人と同等(以上)が必要
月給制・年俸制が多い
社会保険、厚生年金、労災保険に加入する必要がある
各都道府県が定める最低貨金+aが多い
時給制・日給制が多い
社会保険、厚生年金、労災保険に加入する必要がある
費用(※)
人材紹介料(採用時のみ)
組合費十管理費
(採用時及び毎月必要)
その他の費用・準備
特にない
宿泊の確保設備
実習生の航空券(入国と満了帰国)
面接にかかる経費(現地面接の場合)
転職・定着率
一般労働者と同様に転職は自由
会社によって異なる
原則としてできない(ただし、途中帰国は認められる)
定着率90%以上
入社までの流れ・時間
日本人従業員と同様(就労ピザの取得は通常1~2か月かかる)
入国前は日本語講習、ビザ認定申請、ピザ申請等があり、約4ヶ月かかり、入国後は1ヶ月の講習期間がある。
入社後のフォロー
日本人従業員と同様
(GAではいつでも相談を承ります)
送り出し機関、管理団体(協同組合)が全面的にフォローする責任がある。
外国人技能実習機構やJITCOが監査、指導する。

特定技能の外国人を雇用できる分野

介護業
ビル
クリーニング業
素形材産業
産業機械製造
電気・電子情報
関連産業
建設業
造船・舶用工業
自動車整備業
航空業
宿泊業
農業
漁業
飲食料品製造業
外食業
介護業
ビル
クリーニング業
素形材産業
産業機械製造
電気・電子情報
関連産業
建設業
造船・舶用工業
自動車整備業
航空業
宿泊業
農業
漁業
飲食料品製造業
外食業
特定産業分野
分野所管
行政機関
従事する業務
介護
厚労省
・身体介護等(利用者の心身の状況に応じた入浴,食事,排せつの介助等)のほか,これに付
随する支援業務(レクリエーションの実施,機能訓練の補助等)
(注)訪問系サービスは対象外
ビルクリーニング
・建築物内部の清掃
素形材産業
経産省
・鋳造
・金属プレス加工
・仕上げ
・溶接
・鍛造
・工場板金
・機械検査
・ダイカスト
・めっき
・機械保全
・機械加工
・アルミニウム陽極酸化処理
・塗装
産業機械製造業
・鋳造
・塗装
・仕上げ
・電気機器組立て
・溶接
・鍛造
・鉄工
・機械検査
・プリント配線板製造
・工業包装
・ダイカスト
・工場板金
・機械保全
・プラスチック成形
・機械加工
・めっき
・電子機器組立て
・金属プレス加工
電気・電子情報
関連産業
・機械加工
・仕上げ
・プリント配線板製造
・工業包装
・金属プレス加工
・機械保全
・プラスチック成形
・工場板金
・電子機器組立て
・塗装
・めっき
・電気機器組立て
・溶接
建設
国交省
・型枠施工
・土工
・内装仕上げ/表装
・左官
・屋根ふき
・コンクリート圧送
・電気通信
・トンネル推進工
・鉄筋施工
・建設機械施工
・鉄筋継手
造船・舶用工業
・溶接
・仕上げ
・塗装
・機械加工
・鉄工
・電気機器組立て
自動車整備
・自動車の日常点検整備,定期点検整備,分解整備
航空
・空港グランドハンドリング(地上走行支援業務,手荷物・貨物取扱業務等)
・航空機整備(機体,装備品等の整備業務等)
宿泊
・フロント,企画・広報,接客,レストランサービス等の宿泊サービスの提供
農業
農水省
・耕種農業全般(栽培管理,農産物の集出荷・選別等)
・畜産農業全般(飼養管理,畜産物の集出荷・選別等)
漁業
・漁業(漁具の製作・補修,水産動植物の探索,漁具・漁労機械の操作,水産動植物の採捕,
漁獲物の処理・保蔵,安全衛生の確保等)
・養殖業(養殖資材の製作・補修・管理,養殖水産動植物の育成管理・収獲(穫)・処理,安全
衛生の確保等)
飲食料品製造業
・飲食料品製造業全般(飲食料品(酒類を除く)の製造・加工,安全衛生)
外食業
・外食業全般(飲食物調理,接客,店舗管理)

お申込みから就業開始までの流れ

STEP.1 求人条件のヒアリング/申込
求人詳細条件のヒアリングを行います。(求人票のご記入)
・勤務地/職種/給料/就業形態/休日/求めるスキルなど具体的な条件について確認します。
STEP.2
STEP.2候補者抽出
求人条件等ベトナム在住大学生または、日本在住の外国人留学生を対象に提示、該当者(エントリー希望者)をピックアップ、候補者のレジュメ(履歴書/職務経歴書等)を提示します。
STEP.3選考
書類選考並びに対面での面接を経て、内定をご検討ください。
STEP.4内定
在留資格変更申請(入管)
書類作成から提出まで、当社が代行いたします。
STEP.5就業開始

ベトナム人技術者入管申請書類

  • 招聘理由寄
  • 直近の決算報告書
  • 登記簿謄本
  • 給与所得の源泉徴収栗等の法定調査合計表
  • 在留資格認定証明書交付申請書
  • 労働条件通知書
  • 雇用契約書
  • 個別雇用契約書
  • 写真(本人)
  • パスポートコピー
  • 身分証明書
  • 履歴書
  • 経験確認申請書
  • 大学卒業証明書
  • 学習成績証明書
  • 戸籍書
  • 出生届
  • 健康証明書