事業内容
2019年4月より改正出入国管理法が施行され、新たな在留資格「特定技能」として外国人の単純労働者を受け入れられるようになりました。
当面、建設業などは技能実習生2号・3号から移行人材の雇用となります。
当社では主にベトナム、フィリピン、中国の独自ネットワークにより、技能実習生2号3号修了のすでに本国に帰国している「スキルを持った人材」を企業様にご紹介しております。
  • 現在雇用している技能実習生を特定技能へ移行するお手伝い
  • 海外にいる技能実習生修了者を特定技能者としてのご紹介
  • 留学生を特定技能としてのご紹介
  • IT技術者、CADオペレーター等エンジニアのご紹介
  • 出入国在留管理庁等への申請、届出等の代行
  • 住居等のご相談、ご紹介
  • 外国人とのコミュニケーションサポート